割り箸を煮込んだ美味しいやつ。

割り箸を煮込んでもメンマはできません。

使い捨てライターが好き。

 使い捨てライターという存在について考えたことはあるだろうか。俺は使い捨てライターは社会の縮図だと思う。

 

 100円ライターなんて呼ばれ方をすることもあるこいつらは、100均でライターのコーナーをよく見てみると結構バリエーションがある。

5つで100円のものもあれば、高性能なターボやジェットライターであることを売りにした1つ100円のものもある。スペックとしては5つ100円のものと大差ないのに表面にキャラクターを印刷して1つ100円の価値を勝ち取った(ギャグではない)ものもある。場合によっては、タバコ屋で無料で貰えたりタバコにセットでついているものもある。

さらに置かれる場所でも価値が変わる。しょっぱいライターだってコンビニのレジ横のような一等地に置かれれば価値が上がることもあるのだ。

 

 しかも、だ…彼らには背伸びしたって勝てない上位存在、詰替え可能なライターがいる。一見使い捨てっぽいけどちゃんとガスを詰められる、みたいなものもかなり多いのだ。コンビニでタバコのおまけに箱でついてる奴は結構そのタイプが多い。

・・・しかし、そいつらですら2軍。どうあがいても2軍。

さらなる上位存在としてZippoやロンソン、デュポンやダンヒルのようにライターそのものに価値を認められているような、ライター自体にファンがいるような、もはや喫煙具を超えた存在たちがいる。こいつらにはもう絶対に勝てないだろう。

ただ火のつけやすさだけを考えれば絶対にターボライターの方が良いと思う。しかしライターとしての価値は絶対に勝てない。生まれながらの格差社会なのである。

 

 そんな3軍の使い捨てライターたちの人生は短い。圧倒的に短い。なぜなら使い捨てだからだ。火をつけるためにせっせと働き、着火するだけの能力はまだ残したまま燃料がなくなったらもう役割を果たせないから捨てられるのだ。

だから俺は、燃料のなくなった使い捨てライターを捨てるときいつもありがとうと言ってから捨てることにしている。身を焼きながら過酷な労働をしたって感謝の言葉もなく廃棄されるんじゃやってられないだろう、俺より頑張ってると思う。

 

 そんなこんなを、使い捨てライターを使ってタバコを吸うときいつも考えている。使い捨てライターの一生は本当にかわいそうだし、そもそも名前が初めから「使い捨て」という最後の運命を匂わせた呼ばれ方をしてるのはむしろ侘び寂びすら感じる。

大量消費社会によって生み出された人間のエゴの凝縮した存在、それが使い捨てライターなんだ。俺達はいつも使い捨てライターに感謝しなければならない。

 

ありがとう、使い捨てライター。いつも助かってます。

 

 

 

 

※あ、俺はZIPPOを愛用しています。オイルライターとガスライターではタバコを吸うときの味が変わってしまうのでガスライターは銘柄と気分で使い分けます。ガスを詰められるやつと使いわけます。1軍と2軍で使い分けます。

井戸端会議は井戸端でやれ

今しがたのことである。

 俺はちょっとしたごみを捨てようと思って廊下のゴミ箱へ向かった。そのゴミ箱は横向きに口を開いているタイプのゴミ箱で、前方はおばさん3人組が井戸端会議して塞がれていた。
(なんでこいつらゴミ箱の前塞いでんだよ…)と思いながらビビッドレッド・オペレーション1話で華麗に缶をシュートした一色あかねちゃんよろしく(おばさんの隙間を狙った)華麗にゴミ箱へシュートしたのである。



…おばさんたちに怒られてしまった。

 いやなぜだ、確かに一声かければよかったかもしれない、しかし元はといえばゴミ箱の、しかも目の前を塞ぐのが悪いのではないか。一切反省する気はないが仕方なく「ちっ、反省してまーす」と答えておいたがおばさんにぶつけることなく隙間を縫って素晴らしいダストシュート(?)をキメた俺のコントロール技術を誉めるべきではないのか。欧米ではゴミ箱の前を塞いでるなんて事してたら卵を顔面にぶつけるところだぞ(偏見です)。

まぁ実際は怒られたというか軽く注意された程度なのだが、不満の残ることだったのでログとしてここに書いておくこととする。
おばさんという生き物は複数人揃うと自分達が世界の中心となり、ルールとなる生き物なのである。気を付けなければならない。

犬日々最終話を見て心が汚れている自分が悔しくなった。

えー、DOG DAYS''の最終話を観ました。

さすがに「''」ともなると新しく登場したメンバーが中心でエクレール・マルティノッジちゃんの活躍機会はかなり控えめでしたが、まぁノワちゃんは相変わらずかわいかったからよし。ノワちゃんかわいかった。2期見直したい。

 

 

ここからは心が汚れてしまって気になって眠れなかったから見なおした感想です。

まだ最終話見てない人は絶対に見ないで欲しい、頼むから。俺は悪くないぞ。

 

 

えー星クジラの中でなんやかんやあってハッピーエンドみたいな感じでみんなで絨毯に乗って帰る凱旋シーンのことです。

まず一つ目の画像を見て欲しい。

f:id:menmanist:20150422002959j:plain

これが初期位置。

そして次のシーンが下。

f:id:menmanist:20150422003153j:plain

 おい!!赤ヘルのモブ1と2はどこ行ったんだよ!!あと黒い髪誰だよ…

あとジョーヌの持ってる斧は刃先側が白くて後ろ側が黒いだろ、これさっきまでと逆に持ってるじゃん、狭い場所で斧振り回したのかよあぶねぇよ…

f:id:menmanist:20150422003752j:plain

そして突然復活するモブたち。お前らしゃがんでたのか、主演を目立たせるために偉いな。

いや待って。隠れてるだけならいいけど消滅してない?落ちたの?

f:id:menmanist:20150422003904j:plain

ん?復活・・・した・・・

っていうか待って、絨毯ものすごい伸びてない?具体的に言うとモブが増えるくらい伸びてない?そういう機能あるなら最初から広く使おうよ何なんだよ…でもエクレの部下っぽい3は消えたままかよ…

f:id:menmanist:20150422004120j:plain

その後ジェノワーズがアップに。おいまた見たこと無いのが増えてるぞ!!

しかもエクレの部下3が復活したかと思ったら髪の色が違う、茶髪じゃなくて金髪かよ…こいつも新顔か…さよなら、エクレの部下3…。

f:id:menmanist:20150422004324j:plain

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

エクレの部下3が復活した!!!そして4が消えた!!!!

登場したばかりの赤ヘル6、7はかわいそうに1シーンで幻想郷入りですね…。(っていうかマジで絨毯長ぇな)

f:id:menmanist:20150422004610j:plain

突然の俯瞰に。よかった、これで全員把握でき・・・は???

後ろの数人は前から映ってたモブと考えてもまぁいいけど前の方の集団なんなんだよ、おい意味分かんねぇよエクレの部下達分裂すんのかよおい…おい…!!

f:id:menmanist:20150422004801j:plain

 後述する1カメ視点です。

先ほどのシーンと大体合わせて描いているようですね。

f:id:menmanist:20150422004913j:plain

 こちらが2カメ視点。

f:id:menmanist:20150422004944j:plain

 前方からの視点ですね、先ほどの1カメ2カメの位置と大体合ってます。ここまではいいでしょう。

f:id:menmanist:20150422005237j:plain

大体さっきのショットと立ち位置は同じ。もういいよ、モブわかんねぇよ…

f:id:menmanist:20150422005316j:plain

はいここで再び俯瞰のロングショット。

(画像の青字間違えました、1カメの事です)

映ってたメンツはまぁいいとしてなんで中央の3人無視したんだよ!!

巫女様とナナミは位置的にレオ様と被るとしても主人公すら映さないの!!?!?

…まぁいいよ、そっちはいい。

エクレは!?????  

ブチギレですよ俺は…なんなんだよこの扱い、いくら3期で以前活躍の場が多かったヒロインは多少映らなくなると言ってもだよ、なんだよこれふざkあにああああああああああああああああああああああああああブリブリ ブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブリブリブリブリ ブリブリブリュリュリュリュリュ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

なんだよこの仕打ちさ、エクレのファンはもうなんだこれ怒っていいだろもうなんなんだよ…ひどいよ、こんなのってないよ…

 

 

 

 

 まぁね、うん。内容は良かったですね。作画怪しい所あったりするのは別にいいのでね、DOG DAYSらしい雰囲気を延長戦で楽しめたので良かったですよ。

モブが消えたり増えたりするのもどうでもいいですよ、きっとけものだま化してたんでしょ、きっと。でもエクレも同じ扱いなのかよ、もう泣゛いち゛ゃうよ゛俺゛…DOG DAYS''良か゛った゛よ゛…でも゛エク゛レ゛か゛…

 

うわぁん・・・・

ログ・ホライズン本当におもしろかった。

もうしばらく経っちゃったけど、ログ・ホライズンの2期が終わりましたね。

1期の時もずっと思ってたんだけども、毎週毎週次が楽しみでワクワクして待っていられるアニメだなぁとずっと思っていたのでものすごく寂しい。

 

内容については言いたいこと…どこが好き、どこが楽しい、その他たくさん言いたいことはあるんですが、まだ見ていない人は少しでも気になったらぜひ見て欲しいと思っています。

これから見る人たちに、自分の言葉で先入観を持ってほしくない、純粋に見て楽しんで感想を語り合いたい、そういうアニメでした。普段クソアニメ(自分はすごく面白いと思ってるんだけど)と言われるようなアニメばっかり推してる俺ですが、久しぶりにこんな感想でしたね。

これ好き!これいい!!ってとにかく勧めるような、そんな一瞬の感覚ではなくて、自分の中にズンと構えて「これはいいアニメ」としっかりと言える心地よさがあります。

 

だからこそ、どうか見て欲しい。ログ・ホライズン1期,2期と合わせると結構な時間がかかっちゃうんだけど、きっとハマったら一気に時間を忘れて見てしまうと思う。

俺のオススメしてるアニメって時点で何かイメージや先入観を持ってしまった人がいたら本当に申し訳ない。きっと損をしない、いい時間を過ごせたと思えます。どうか、機会があればでいいので見て欲しい。

 

ありがとう、ログ・ホライズン


2015/04/13追記

たとえ原作者が脱税していようと作品の面白さが変わるわけではないので評価はまったく変わりません。

…が、NHKアニメなので今後原作が進んでもアニメ3期が制作されるのかどうか、その点だけ心配だし悲しいですね…。

ヘスティアちゃん様さん神のブームについて思ったこと

おひさしブリジットです。(激寒挨拶)

 

 あ、まず言っておきたい事としては、俺はまだダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかってやつを見てません。あと特別あのキャラの魅力がどうこうって書くわけでもありません。そういうのはTwitterで100000万人くらい語ってる人がいると思うのでそっちでお願いします。

○すごいブームになってるよね

 ここ数日めっちゃTLに流れてくるヘスティアちゃん様さん神(なんで呼べばいいんだ)の絵の数々がものすごいですね。なんでこんなに流行ってんだお前ら洗脳されてんのかってくらいTL見てたらRTで流れてくる流れてくる。

艦これブーム絶頂みたいなときは確かにこんな感じに近い状況もあったんですけれども、今回はなぜかヘスティア1キャラのみ一点集中でブームが来ている点がすごく面白いですね。作品がブームになって1ジャンル化はあっても1キャラのみ短期間でここまで爆発ってなんじゃそりゃ、と。(原作者からすれば複雑な気分なんだろうか)

 

 基本的に、絵かきさんたち、ひいてはクリエイターと呼ばれる方々というのはブームに敏感…いやこの言い方はなんか違うな、衝動的な部分を持っている、ように思います。時に人気作品ばかり題材にする人が同人ゴロと呼ばれたりすることもあるかもしれませんし、確かにそういう側面もあるかもしれないんですが、基本的には純粋に衝動に突き動かされて絵を描いたり何かつくったりするような気質があると思うんですね。

自分が好きって作品をずーーーっと愛し続けてずーーーっとその絵を描いてる人とかももちろんいるし、そういうブレない人たちはとても尊敬出来るのですが、そんな人だって自分の身近なところにまで何か話題が飛んできて、そこに感じるものがアレば創作意欲は湧くわけです。たぶんね、たぶん。

 

 ブームのきっかけとかそういう点については詳細がわからないのでアニメ放送がきっかけなんだろうな、程度にしか俺はわからないんですけれども、今回のヘスティアブームはそんな感じで誰かが描いて、それが回ってくることがトリガーになってまた誰かが描く…という衝動が衝動を呼ぶ連鎖的なもののようで、どんどん俺のヘスティア様フォルダに新しい絵が溜まっていってしまう状況になってますね。そういう報告はいらない。

 

○ なにがいいたいの

 まぁつまりですね、そういう勢いがある一つの対象が垣根を越えていろいろな方面の方に描かれている現状って結構すごいなーと思うわけです。普段から絵本みたいなほんわかした絵を描く人も、ロリエロ描いてる人も、ケモ描いてる人も、いろいろな人が同じ題材で描いてるわけですね。

これ結構すごいと思うし、同じキャラなのにみんなそれぞれの味付けをしたものがバンバン生まれてるのはいいことだと思います。かなり勉強になりますね。

 ただし、短期間で爆発的なブームになっていること、あとは同じ絵のRTが何度も何度もTLに流れてくる事で食傷気味になっている人も結構自分のTLにはいるなと感じる部分もあるんですね。俺も若干そうです。そりゃいろんな人がそれぞれのレシピでつくりましたっつってもカレーばっかりずーっと食わせられたらもうカレーはいいよって思うよ。毎日カレー食ってるインド人ごめん。

 

○ その他ちょっと思ったこと

 画像、絵って言うのは、消費側からすればすごく享受するのが容易い形式なわけで。TwitterなんていうFast Webの先鋒みたいなサービスとの親和性はバッチリ、サムネイルだけ一瞬見るだけでも楽しめてしまうわけですね。140文字いっぱいに○○はかわいい!って言われるよりも、一瞬絵を見たほうが簡単に短時間でわかるのは当然のことでしょう。細かいニュアンスとかそういう意味では別としても絵っていうのは何より短時間で多くが伝わります。

だからこそ、なんども何度も同じものを見せられた(TLは自分で能動的に見る、読むものだけれども)時の飽きは早いのかもしれないなと思いますね。特に自分にとって興味ないキャラだったらなおさら、誰が描いてても同じキャラなわけで…。そっち側に立ってみると今の状況は確かに地獄かもしれない。

(ちょっと意味が違ってくるんですけれども、例えば艦これの公式が何か告知ツイートした後みんな一斉にそのツイートRTしてTLが埋まるみたいな事があるわけですね。その時もういい、もうわかった…!って思うみたいなのが近いかもしれません。同じこと思ったことある人いるかな…?)

 

○ おしまい

 まぁそんなわけで。ヘスティアちゃんはかわいいと思うし、なによりかわいかったりエロかったりカッコよかったりエロかったり、エロかったりする絵が増えるのは基本的にみんな嬉しい事だと思うんですよ。

このヘスティアブームがいつまで続くのかは誰も分からないですけれども、なんとなく長期ではないだろうなという雰囲気は感じますし何より今の勢いはさすがに続かないだろうという思いはみんな持ってると思います。話題ってのは生モノだからね、特にTwitterではね。

 なので、特別耐えよう!とか今は我慢しようぜとか言うわけではないんですけれども、どうせならこのブームを機にいろんな絵かきさんのヘスティアちゃんを見て楽しんだほうが得じゃないかな?と思ったわけです。お気に入りの絵描きさんが見つかるかもしれないし。っていうかここまで長い文章書いたけど言いたいことこれだけだしこの数行だけ記事にすればよくなかったですか?

 

 

 

はい。結論は、みんな澤村・スペンサー・英梨々を描いてくださいという事です。以上。

泡で出るハンドソープってアレなんなのアレほんとアレじゃない?

ソープっつっても北方謙三的な話ではないです。

 

あのですね、いつも思うんですよ。泡で出るタイプのハンドソープってあるじゃないですか。あれって本当に洗浄効果が高いんでしょうか。

いや、洗浄効果が通常の液体タイプに比べて高く無くてもいいんですよ、同じワンプッシュで同等の洗浄効果が得られるんでしょうか。

 

だっておかしくない?カルピスで考えてみようよ。カルピスで言えば液体タイプは原液のまま出て来て、泡タイプは薄まって出てくる(正確に言えば薄まるわけではなく泡なので拡散して出てくる、ということにはなるけれども)ようなものじゃないですか。泡なのでもちろん爪の間だとか、細かい部分に浸透するみたいな話はあるかもしれないですけれども、液体タイプを利用して泡立てるために手をこする際に汚れが落ちるんじゃないですかね。どうなんですかね。黙ってアルコール消毒するのが一番なんですかね。

 

そういう疑念もあって自分は泡タイプだと多少多くプッシュしてしまうわけですね。2回位。そうなると、泡タイプの優位性である少量で手が綺麗になるから経済的みたいな部分も崩れ去ってしまうんですよ。液体タイプはワンプッシュ以上普通出さないのでもう同じようなもんじゃないですか。ほんとにどうなの、泡タイプのハンドソープ。

 

ただ一点考え方なんですけども、例えば泡で出てくるシャンプーみたいなのがあまりない(一般的ではない?あるのかもしれない)と思うんですけども、髪を洗うのってアレは殺菌ではなく汚れを落とす行為ですよね。つまり泡タイプのハンドソープは殺菌にステータスを振ったハンドソープであって汚れを落とすというステータスが弱いというだけと考えることも出来るんですね。

じゃあ砂場遊びして汚れた手の子供が帰ってきて泡タイプ使うCMするなよとも思うんですけども、もしかしたらそうなのかもしれない。

 

 

いや本当にどうでもいい話です、簡単にいうと俺は液体タイプのハンドソープが好きだしあの匂いが好きです。特にミューズの匂いが好きです。μ'sは特別好きでも嫌いでもないです。エレメンタリオはサーラマ派です。

 

以上。

『ハイレゾ温泉』で攻めろ、温泉業界。

----温泉。

それは、日本人なら誰しも心躍り、心静まる不思議な響き。

 

 

 まぁそれっぽい導入部分はそこそこにしておいて最近思ったことをちょろっと書きます。

Twitterでも実はちょろっと言ったんですけども、温泉業界は近年はやっている「ハイレゾ音源」をもじってブームに乗るべきだと思うんですよね。

つまり、『ハイレゾ温泉』ですよ。ピュアオー(ンセン)ディオ界の誕生ですよ。

 

 ではハイレゾ温泉とはどういうものなのか。

近年、温泉宿で温泉の素を入れていた等のニュースが聞こえてくる事がありますね。また、湧出量が少ない、及び引いている量の少なさを補うために水を足している場合なども見受けられます。これはオーディオで言うならば圧縮された音源を提供しているようなものだと思うんですよね。

では源泉をそのまま提供してる場合はどうなのか。これはもうピュアな音源ですよ、生音。ウォークマンもびっくりの大迫力音源ですよ。源泉掛け流しだったらもうそれ目の前で演奏レベル、湯船がコンサートホールでしょ。

 そんな、源泉そのままの成分で提供する、源泉掛け流しの、生の温泉。それを『ハイレゾ温泉』としてアピールしていく戦略を打ち出すべきだと思います。おい草津、お前源泉主義とか言ってる場合じゃねぇぞ時代はハイレゾだ。早くしてくれ、毎年行ってるけどもう今年は行くのやめるぞ。

 

 ちなみに源泉掛け流しについてはこちら、「日本源泉掛け流し協会」(

http://www.gensen-kakenagashi.jp/about.html)を見てみると定義がわかりやすいですね。温泉法については環境省のHP(http://www.env.go.jp/nature/onsen/point/)見れば乗ってるんですけど、こっちは具体的な必須成分表なんでまぁ今は見なくてもいいと思います、そもそも温泉法の温泉であることが必須なので…。

 話を戻します。源泉掛け流し協会HPの「源泉掛け流しとは」の部分に注目してみましょう。

”湧き出したままの成分を損なわない源泉が、新鮮な状態のままで浴槽を満たしていること
[加温と加水について]
当協会の加温と加水に対する見解は以下の通りです。
・基本はあくまでも“源泉100%”だが、入浴に適した温度に
 するため、泉質を損なわない範囲での最低限の加水・加温は
 認める 

とありますね。

湧出したままの成分を損なわない源泉そのままという点はまさにハイレゾに合致しています。ただし、最低限の加水を認めています。ここを一歩厳しく、加水をNGとしてよりにしてはどうでしょうか。加温は音量を上げる程度と考えても良い範囲かとは思いますが、薄める行為については一切NG。よし、完璧だ。ハイレゾだこれ。

 

 ついでに○ニーあたりにスポンサーしてもらって各宿にハイレゾオーディオ体験コーナーを設置したり、温泉めぐりでもらえるスタンプを集めて応募すればヘッドホンとかもらえる企画をバンバンやればいいと思います。

ソ○ー頼むよ、俺ヘッドホン欲しいよ。温泉入ったついでにヘッドホン欲しいから頼む…お願いします…!!

 

さてどうでしょうか、頭の固い滅び行く温泉郷はこんなの鼻で笑うか理解できずに終わると思うんですけども、今後も生き残っていける楽しい温泉郷の方々は少しくらい興味示してもらえないでしょうか。ぜひ本案採用の際は私に多少諭吉を送って黙らせてからご自由にアイデアをご利用ください。

I expect resolution to "High resolution Onsen" adoption.

 

 

情けない英語力でジョークを飛ばすもんじゃないな…きんいろモザイク見て勉強します…